おもてなしプロジェクトが持つ4つの役割


役割その1「人間味の存続」~シンギュラリティの到来~

2045年問題とも言われるシンギュラリティ。要は人工知能が人智を超える世が迫っており、今、世界的大企業がこぞってこの開発を競い合っています。世の中が機械化され便利になればなるほど人間味が失われていくのだとしたら、我々はテクノロジーの探求と共に人間味の存続にフォーカスを当てなければなりません。目の前の便利さに溺れて人間らしさを失うことに、我々は警鐘を鳴らします。


役割その2「グローバルマナーの確立」~グローバル化に伴う文化摩擦~

グローバル化の今日、世界の距離は益々近くなってきており、国際的な人の移動もいよいよ多くなっています。日本でも、近くのコンビニ店員が外国人だったといった光景も珍しくありません。また、これは必ずしも移住に限ったことではなく、観光や海外出張レベルにも共通して起こり得るもの、それが文化摩擦。おもてなしプロジェクトはそれぞれの国が持つ文化を尊重した上でのグローバルマナーを確立するもので、それは日本のマナーを押し付けるものではありません。あくまでも、世界基準のマナーであります。


役割その3「平等なるチャンス」~残念ながらこの世は不平等だ~

世の中は平等か?答えは否、残念ながらこの世は不平等の上に成り立っています。世界には貧しい人々が我々の思っている以上に多く、充分な教育もなされておらず、志を持つこともままならず、例え高い志を持ったとしても世に出られないでいる人々が大勢います。おもてなしプロジェクトが志す役割の一つは、平等なるチャンスの創出です。我々はこのOM●TENASHI™を"第二の教育"と位置付けています。


役割その4「世界平和」~世界平和は単なる理想なのか~

誰もが世界平和など理想だと、鼻で笑うことでしょう。我々も、正直これを公表するには少し勇気が要りました。私も、完全な世界平和が成るものとは思っていません。それは何故なら、世界人口すべての人にこのOM●TENASHI™が受け入れてもらえないから。これは時間的要因や人間の本質的な要因などがありますが、いずれにせよ、受け入れてもらった分だけ世界平和に一石を投じることができる事は信じて止みません。人を思いやる心を持った人が他人を傷つけるでしょうか?そうゆうことです。



OM●TENASHI™ project is roughly divided into two things
OM●TENASHI™プロジェクトは大きく分けて二つあります


【 OM●TENASHI™ Seminar 】

Visit poor areas where adequate education has not been done,
and conduct hospitality free seminars at there.
The implementation of the "second education" 
that we position creates equal opportunities.

Click here for details



充分な教育がなされていない貧しい地域を訪れ、
現地でおもてなし無料セミナーを実施します。
我々が位置づける“第二の教育”の実施は
平等なるチャンスを創出します。

詳しくはこちら


【 OM●TENASHI™ Test 】

In urban areas we will hold a test.
The test fee is mainly used for 
the activities of OM●TENASHI™ Seminar.

Click here for details



都市部では有料にてテストを開催します。
テスト料は主にOM●TENASHI™ Seminarの
活動資金に充てられます。

詳しくはこちら